2016年07月06日

ファイル2 表紙破れ

古いファイル
DSCN6797.jpg

止めよう柏崎原発!
DSCN6798.jpg
脅えながら暮らすのは、もうごめん!
 
 柏崎は長距離バスでみかけたことはあった。

 「アメリカのスリーマイル島原発事故から10年、ソビエトのチェルノブイリ事故から3年たちましたが、とりわけチェルノブイリで起った原発事故の影響は、今日ますます大きくなっています。3月にも、住民のガン発生が倍増したり、奇形の家畜が次々と生まれているとしてウクライナ共和国の五つの村が、住民をべつのところに避難させるよう勧告を受けたところです。
  
 このときは37基の原発だったようだ。写真の細かい字は、おひとりおひとりの名前。新聞掲載の見本です、とある。
posted by mon at 23:42| Comment(0) | 日記

ファイル

無印良品のB4ファイル
DSCN6785.jpg

原子力資料情報室通信 1988 12 20
DSCN6786.jpg

福島第二3号炉の再循環ポンプ破損事故 槌田敦先生の解析
DSCN6790.jpg
原子炉と再循環ポンプの立体配置

 模型はないの?水流せるプラモデル。板金工作はできないんで。

ボルトの損傷状況
DSCN6791.jpg
 
 これは1989年3月の事故です。槌田先生の記載を写させて頂く。
「ところで、東京電力のいう事故経過は、とても納得できるものではない。」
 
「これに対する対策として、緊急炉心冷却系ECCSが付けられているが、この有効性については未だ実証されていない。そこで、このECCSが失敗したとすると、炉心は崩壊熱のため、空焚きとなる。この段階で、ECCSが機能しても、もはやどうしようもない。

 スリーマイル島事故の教訓が示すように、赤熱した空焚き燃料と水と接触すと、燃料は崩れおちる。その結果は、水が流れなくなり、冷やすことができる、炉心融解に居たる。そして、溶けた炉心は、原子炉と格納容器の底をつき抜けて、環境中に全量放出される。これは、チャイナシンドロムであって、チェルノブイリ以上の事故である。」

 89年の記載だが。。2000年代のどこかで、「コスト削減のためにECCSをどうとかこうとか」金融情報でなんだかみたことがあるような気がするんだが。。

 それ以前に、89年にこういった事故が起きていて。。て。「ポンプの停止がさらに遅れたら、大口径破断から炉心融解事故に」という事故だが。。

 慚愧の心ってあるんだろうか。

 


 

 
posted by mon at 23:33| Comment(0) | 日記

原子力発電に関する資料

開けることはないはずの資料ファイルだったんですが。。

DSCN6776.jpg

浜岡原発
DSCN6777.jpg
チェルノブイリ寸前 4時間の恐怖 Touch

福島第一原子力発電所
DSCN6825.jpg
「廃炉」も利権にする原発行政を告発! Touch

DSCN6780.jpg

 この頃からずっと水は海に流しっぱなしだったんだろうか。水道代っていくらなんだろう。水質検査はどうなのか?

伊方原発
DSCN6782.jpg
出力調整実験の危険度

'86 5 26 ベルリンからの手紙
DSCN6783.jpg
チェルノブイリ事故直後!!
「こちらの汚染状況は凄まじく、数値はもはや天文学的です。事故以来、可能な限り数値を追っているのですが、あまりの値の高さに、絶句することが度々です。」
 
 とある。

’63 2 22 広瀬隆講演会にて
DSCN6784.jpg
能登、富山をつなぐ

 せっかくね。。でももう開けて確認せざるを得ないんだが。。
 




posted by mon at 23:15| Comment(0) | 日記