2015年07月29日

冠位十二階 603年 推古11年

 まあ自分はこのへんはおもしろがっているだけなんだが。。

DSCN0015.jpg

この本から、
http://bunken.sblo.jp/article/157565479.html

 「冠位十二階もこの本にある。推古11年603年制定とあった」-----A

また、

DSCN0028.jpg

この本から、
http://bunken.sblo.jp/article/157799461.html

 こちらには記載していないが、
「十二階の冠位を発布したのは推古11年(603)だから」----B

とある。

 そこで、AとBから、どうやら「冠位十二階 603年 推古11年」というのを同定した、ってことになる。

 これは。。友常貴仁さん。。友常貴仁師と書いていいぐらいだ。。と、小林恵子先生がそう言っているからであって。。それを「すいすい暗記 社会」でみて納得している。

 したがって、「すいすい暗記 社会」のこの記述に一切の誤謬はない、と考えられる。

 それでも情報は、三つ、しかみていないし、異論もみていない。

 自分の考え、が入り込む余地はない。

 したがって、これは事実としていいだろう。。って考えるんだが。。意外におもしろいな。。

 すると、やっと「ろっぴゃくさんねん。。 603」と覚えられる。まああんまり賢くはない。

また。。隋書 東夷伝の話もある。小林恵子先生もそう書いているが、ずれはあるらしい。

 http://bunken.sblo.jp/article/157040524.html

 しかしこの小説のこのエピソードで納得できる。情報の4つめ。。

 もちろん、これは「十七条憲法」の話である。もっとも二条にあったそれは、明治の「廃仏棄釈」1868年ごろらしいが。。で覆えされてるわけだが。。

 このそれを。。仏教の本で追ったときに、どんな記載がでてくるかご存じだろうか。。自分はうろおぼえなんだが。。

 自分の考えなんて容れる余地があることではないから、事実を確認していくのだが。。。

posted by mon at 13:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: