2015年07月30日

聖徳太子の正体 勝鬘経 法華経

聖徳太子の正体
DSCN0028.jpg

見過ごせない記述がある。

 「推古十四年、太子が勝鬘経と法華経を説いた恩賞として、推古天皇が播磨国の水田百町を太子に送り、斑鳩寺に納めたという記述があるが。。」

 本では、その寺の場所を探している。こちらでは、「推古十四年、聖徳太子が、勝鬘経と法華経を説いた」ということを確認しておく。

 。。推古11年が603年だったはずだ。。14年は、606年。

 いや先達には申し訳ない。。自分はここではじめて経典の名を歴史の話で具体的にきいている。

 まあ、あまり考えるとよろしくない。その記述がこの本にある、という確認のみに留めておく。
posted by mon at 00:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: