2015年12月11日

活性炭+ゼオライト+素焼き(検討中)

 概念は、

 DSCN7604.jpg

 これ。水を活性炭とゼオライトに通し不純物を濾過する、というそのまま。。感情が「飲み水の安全を確保する」というそれで「害う心がない」から、そのまま。。導入できる。
 

これを使う。

 DSCN9696.jpg

 これを。。

 DSCN9606.jpg

やはり底には網を入れた。

 DSCN9607.jpg

 置いた。

ゼオライトは、

 DSCN9611.jpg

水切りで、こうしておくとあとで交換がしやすい。年に一度だろうけど。。

DSCN9612.jpg

これをエアコンの水の出るところ。。ドレーンのそばに置いておく。屋根からの排水だと流量が多いので、もっとすかすかにする必要があるのかもしれない。

 DSCN9690.jpg

 塩ビパイプに仕込むには、活性炭カートリッジのでっぱりを多少削る必要がある。。。ただ。。ちょっと溜める部分があったほうがいいのだが。。

 。。活性炭の性能はとてもすごいみたいだが。。まあ引用は控えておきます。

 素焼き鉢は。。蒸散するので、そのときに、不純物を「鉢」に残すんじゃないか。。と思っているが。。まあそんなところはよくわからない。でも、置いておくと汚れるから、そういうところ。

 こないだ。。最低限の水と空気の対策を検討して止っている。

 http://bunken.sblo.jp/article/165504540.html

 まあ室内がこれ。。屋外の最低限というと、上の活性炭とゼオライトの素焼き鉢、ということで。。

 天水にも。。ちょっとはできることを、というと上記ぐらいしか。。

 いまのところ。。検討中。

 あ。。わかった。。40mmの極太のホースがあれば、それに差し込んで対応すると。。わりといろいろ簡単になりそうだが。。

 ちょっとみてくる。

--------------------

空振り。

 内径38mmまでは普通のホームセンターにあり安価だが。。。40mmとなると、それならハウジングでフィルターつくったほうが。。という値段になってしまいそう。。

 活性炭カートリッジの外形が38mmだったら。。なんのこともなく。。といっても都合でそうなっているのだろうし。。

 ソフトパイプ方式は見送り。

 。。検討中はそのまま。。
posted by mon at 23:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: