2016年09月03日

サイゾー 2011年2月号

 雑誌でも片付けるか。。と捨てようと見ると、思いもかけず重要な情報を読み飛ばしていることに気づく。

DSCN9418.jpg

2011年の2月の雑誌。。。1月18日に買っていた。本屋で探したんだろう。その1月18日は何をやっていたのか。。あまり気にもとめておらず、相場を気にしていたらしい。アメリカのアマゾンで鞄を買おうとしていたのか。。

「少し忘れていたのは、「アメリカの原油流出事故」で、あのプラントは韓国製らしい。その影響は今はどうなったか、というとニュースの中で忘れ去られているが、史上最大の事故のひとつだから、そう簡単に収束するとは思えない。」

 とメモしている。そこも忘れるほどの事故が起きる2ヶ月前。
 
 今は、多少いろいろ広げてみなければいけないのかもしれないが、不殺生戒に反するところの検討は捨てておく。捨、です。

DSCN9414.jpg

「東京電力 この仕事に大卒の資格って必要?
 僕の仕事は、電気料金を払っていただけない人の家庭を訪れて電気を止めるんですが、やりがいはあまりないですね。まあやりがいを求めて入ったわけではないんで構わないですけどね。あとは、ウチの会社の場合、大卒だと、「大卒なんだから、それぐらいできるだろ」みたいな謎のプレッシャーが強くて困ることも多いです。大卒っていっても、普段の業務は、他人の家の電気を止めるだけですからね.....。」(20代男性/技術職)

 。。。。こういう情報もコントロールされたもの、とみるのが一つであり、これは凄い情報だ、とみるのも一つで。。

 なんか。。求めるものは何だったんですか?ぐらいのインタビューは欲しかったか。。求めるものが間違ってることにこのとき気がついていれば。。。あるいは危険は避けられたかもしれない。
 
 そんなことヤッテル間の2カ月後、3/14と3/15日に大爆発が起きたのは事実で、電気は止まったけれど。。その後のインタビューはないんだろうか。

 この号は意外に。。メルクマールみたいな。。最後の警鐘のようだが。。

DSCN9413.jpg

渋谷のフリーペーパー専門店が紹介されている。

DSCN9411.jpg

グラビアでも載せておくか。

 こうみると。。なかなか捨てられないんだが。。

 

  2011年2月のシャインのインタビューをみたら、2010年のシャチョーのインタビューをみなくてはいけないんだが。。

 。。。やな作業で。。人間の動機としては反する作業か。。

 アビダンマッタサンガハを見ておかないと。。これは越えられないぐらいのものであり。。「ブッダの実践心理学」の話に。。

「一応、人間の生きる衝動は、楽しみを探すことなのです。戦いを探すこと、苦しみを探すことは精神的に病気の人は別として、人間が生きる衝動にはなりません。一般的に人間には。。」
 
 まあ。。大事な話までは書かないですが。。

 これが書かれてる本ぐらいは探してみておいたほうがいいと思う。
 
 。。今後、なにかでてくるそのカイシャの話をこの号で確認するのはイヤな作業だな。。できればそれは行ないたくはない。

 これみたかたも。。次の雑誌の確認はみたくないだろう。。そしてそれを並べて比較して観念と事実を検討しなくてはならないのだが。。

 イヤな作業だな。。
 

 


 
 


 

posted by mon at 11:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: